• 睡眠と美容の関係について

    睡眠と美容には、大きな関係があります。

    最近気になった睡眠と美容を利用するなら此方のサイトです。

    どれほど質のよい化粧品を使っても、十分に睡眠をとっていなければ、満足な美容効果は得られません。

    目的別の@niftyニュースの特徴を紹介するサイトです。

    まず、人間は起きている時、脳や筋肉に血液が多く流れ込みます。


    その際、大部分の栄養素が消費されることになります。

    逆にいうと、寝ている時は栄養素が余っているということです。
    寝ている時に余った栄養素が体内に行き渡ることで、奇麗な肌が作られます。また、その効果を得るのに最もよい時間帯は、ゴールデンタイムと呼ばれる「22時〜2時」の間です。「22時に寝るのは厳しい」という人もいるかもしれませんが、その場合は就寝と起床の時間を毎日一定にすることで、成長ホルモンの分泌が促されやすくなります。

    このように、睡眠と美容には深い関わりがあるのですが、では寝る時間が足りないとどうなるのかというと、以下のような影響があります。
    「ストレスが溜まりやすくなる」。


    現代人はストレスが溜まりがちですが、そうなるとイライラしがちになるだけでなく、肌などにも悪い影響を与えてしまいます。


    「太りやすくなる」。



    寝不足の状態が続くと、体は「このままでは危険」と判断します。

    そして、食用増進作用がある「グレリン」というホルモンを分泌するので、太りやすくなってしまいます。

    「肌が荒れる」。

    寝不足だと、疲労がしっかり回復されないので、肌の再生機能も減退します。
    そうなると、肌荒れやニキビなどのトラブルが起きやすくなってしまいます。