• 睡眠を美容に生かすには?

    美容のためには睡眠も重要です。

    私たちの肌は寝ている間にターンオーバー、すなわち肌の生まれ変わりが起きています。

    ターンオーバーに重要なのが成長ホルモンで、これは寝ている間に分泌されるので、寝不足や熟睡できない環境だと、肌の調子が悪くなる原因になります。
    また、寝ている間にも実は多くのカロリーが消費されています。


    例えば、30代で体重50kgの女性が7時間睡眠をとった場合、約390kcal消費され、これはハンバーガ約1個分に相当します。

    そのため、睡眠を十分にとれば、ダイエットにも繋がり、逆にとらなければ太る原因にもなりかねません。

    睡眠と美容情報は信頼性が高く、好評です。

    睡眠を美容に生かすためには、ただ寝る時間が多ければいいというわけではなく、寝る前にきちんとした準備も必要です。

    ガジェット通信の最新情報を掲載しています。

    肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時から2時には寝るようにし、深い眠りにつくために、寝る前のカフェインやアルコールは控え、牛乳やコラーゲン、ゼラチンなどの寝つきをよくするものを摂取しましょう。



    また、スマートフォンやパソコンのような強い光は眠気を妨げる原因になるので、電気を消した後に使うのは控えましょう。


    この他にもパックなどを用いて寝ながらスキンケアをしたり、クリームを塗ることで水分を逃がさないようにするなど、寝ている時間を美容に有効活用できます。

    質のよい睡眠と寝ている間のひと工夫で、時間を有効活用しながら美肌やスリムボディを手に入れて、トータルな美しさを目指しましょう。